鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年02月04日

3日目

今網走にいます。
これから流氷砕氷船おーろら号に乗ってきます。
おーろら号
思ってたよりすごかったね。
流氷1 流氷2

流氷3 流氷4

流氷5 流氷6
明日のがリンコ号も楽しみだ!
ところでここは日本か?
船内中国語しか聞こえないが。
おーろら号の旅は約1時間で終わり、時間も早いので流氷館に向かう。
オホーツク流氷館
−18度のしばれ体験
わかりにくいけど、濡れた手ぬぐいが棒になってます 
やオホーツク海の四季、や流氷のでき方などの展示があった。
オホーツク流氷館の受付のお姉さん。
オホーツク流氷館の受付のお姉さん

ここで帰る予定でしたが思ったより早く見終わったので、網走監獄博物館にも足を伸ばしてみました。
以前1度来たことがありますが、今回はガイドさんがつきます。
面会室 034ー1.jpg
独立型独居房 浴場
五翼放射状平屋舎房 中にある監視台
独居房(反省中) 独居房(少し成績のいい人はものを書いて反省します)
雑居房(6畳で定員3〜5人、奥はトイレ) 脱獄者
二見ヶ岡農場の見張り台
前はつかなかったような。
それから流氷特急オホーツクの風に乗る。
流氷特急オホーツクの風
いつも乗りたいと思いながら乗ることができなかったので、やっと乗ることができたっていう感じです。
車両はノースレインボーエキスプレス5両。
北海道のリゾート特急は以前は全車指定でしたが、今は自由席を連結してます。
けど私は3号車、ダブルデッカー車の指定をとりました。
2階だと遅く感じます。
ちなみに1階はこんな感じ。
NREラウンジカー
この車両も前面展望が聞く車両なんですが、スーパー北斗やスーパーおおぞらと違って座って見られるんです。
ただし、1号車、5号車ともに指定席で自由に見ることはできません。
でもですね。
この列車内いたるところにテレビモニターが設置されていて、普段は運転席の隣に設置してあるカメラで前面展望の様子を映し出しているんです。
ここがリゾート特急らしいところですね。
ただ、遠軽〜岩見沢間では映画『佐賀のがばいばあちゃん』を流してました。
19:38
札幌着。
5時間20分ですか。
乗ってる間は結構遅い気がしたけど、調べてみるとオホーツクは夜行を除いてすべてこれくらいなんですね。
臨時なので交換待ち合わせが多かったことを考えるとなかなかの走りだったのかもしれません。
ここでお風呂とマッサージで時間をつぶし、明日は東北海道エキスプレスバスを予約してあるので、網走に向かいます。
ということは、また夜行…?
23:10
風呂から戻ってきてオホーツクの予約をとろうとしたら、なんと満席!
仕方なく、B寝台をとりました。
オホーツクのB寝台は何年ぶりだろう?
多分昔い北海道内グリーン車乗り放題の切符を使ったことがあるので、多分そのとき以来だと思います。
でもおかげでぐっすり寝られました。
それにしても昨日も書いたけど、オホーツクの格下げ理由って本当に乗客減ですか?〉JR北海道さん
posted by 白線ながし at 07:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック