鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年02月02日

1日目

いよいよ出発。
出発は渋谷。
はやて1号と接続するスーパー白鳥1号の指定をとって山手線に乗り込みます。
しかしみどりの窓口氏って最近親切になったなぁと思うのは気のせいかしら。
7:45
はやて1号入線。
はやて1号出発案内板

はやて行き先表示器 
また3号車。
はやて乗車位置表示器

はやて席種表示
それにしても通勤車と違って暖かくていいねぇ。
7:56
発車。
朝食をとろうとして、その前に薬を飲むために飲料水を探したら、ない。
昔の特急列車は洗面所に飲料水があったのに。
結局自販機で買いました。
いつものごとくこの後爆睡。
目が覚めたら岩手県内を走行中。
去年も雪は少なかった記憶があるが、今年も去年以上に少ない気がします。
北海道内はどうでしょう?
10:03
定刻にはやて1号は八戸に到着。
ここから在来線の特急スーパー白鳥1号に乗り換えです。
白鳥ヘッドマーク
去年より早い出発にしたのは、この列車に乗りたかったから。
函館〜青森間の特急は白鳥号とスーパー白鳥号があり、白鳥号はJR東日本の485系で運転されており、更新はされているけれどもう20年以上たつ古い車両です。
一方、スーパー白鳥号は、JR北海道が函館〜青森間の快速列車を特急に置き換えるときに新造した列車なので、乗り心地は全然違います。
10:15
スーパー白鳥1号は定刻に発車。
三沢、野辺地、青森と止まってまいりますが、八戸、三沢あたりでは晴れていたものが、野辺地まで来ると結構雪も深くなってきて、空からも白いものが降っております。
そんな中をスーパー白鳥1号は雪煙をあげながら、進んでいく…。
12:11
青森着。
ここでかなり乗客は降りてしまう。
やはり青函間の人の流動は少ないようです。
8分停車したのち、進行方向を変えて函館に向かいます。
今度は私が乗っている1号車が先頭。
スーパー白鳥の車両は前面展望が楽しめる構造になっているんですよ。
蟹田をすぎたところで向かってみると、今日は何やら調査をしているようで楽しめませんでした。
12:00ごろ
青函トンネルに入る。
確かトンネル内では140km出しているはずですが、いかんせんトンネル内なのでそれを感じることはできません。
ということで計算してみましょう。
青函トンネルの長さは53.9km、この列車は24分で走りぬけるそうです。
53.9×60÷24=134.75
表定速度がこれくらいだと最高速度はおそらく140km出しているでしょう。
でも出しているのは下りで、上りででは出していないんだろうな!
12:24
北海道上陸!
雪降ってる
13:14
は〜るばるきたで函館〜(去年も書いた気がする
雪がない!
函館駅前
ここで予約しておいたツインクルバスのチケットを受け取り、昼食をとったため、1本遅らせてスーパー北斗13号で長万部に向かいます。
14:13
スーパー北斗13号発車。
スーパー北斗

スーパー北斗側面
とにかく速い。
同じスーパーとは思えないくらい飛ばします。
15:25
長万部到着。
とにかくスーパー北斗は速いんだけど揺れます。
私は183の方が好きだな!
旅はいったんここで途中下車して温泉を浴びに行きます。
駅から歩いて10分ほどのところに長万部温泉があります。
長万部温泉
単純ナトリウム泉で結構熱いです。
ずっとつかっているのは結構つらいかも?
17:47
小樽行き普通列車に乗る。
フリー切符で特急乗り放題なんだから特急で行けばいいじゃんと思うでしょうが、やっぱり私の旅の原点は普通列車です。
もっとも北海道を普通列車だけで旅するのは結構つらいですが。
長万部から小樽行きですから当然山線経由です。
以前急行ニセコで函館から札幌まで山線経由で行ったことがありますが、すごい難所でゆっくりゆっくり、でもエンジン音は大きく進んでいった気がするんですが、今日乗っている普通列車は大出力のキハ150系。
いとも簡単に上りきってしまいます。
技術の進歩と言ってしまえばそれまでですが、なんか面白くない。
そのキハ150系、面白くないことばかりではない。
この車両は前面展望が楽しめるので、比羅夫から前面展望を楽しんだ。
函館本線(JR北海道では函館線と呼んでいる)の山線区間は人口希薄地帯なので、この時間になると外は真っ暗。
そんなときにちょっとだけ見えた比羅夫国際スキー場はきれいでした。
雪は結構降っており、ほどなくして倶知安に到着。
この車両は単行(すれ違う列車は2両や6両)なのですが、倶知安からは結構乗ってきました。立っている人もいます。
普段はちょうどいいのかもしれませんが、今はスキーシーズンで、ニセコ〜倶知安間は有名なスキー場も数多く存在します。
臨時特急が走ってますが、普通列車も増結してみてはいかがですか。
20:42
小樽着。
ところでJR北海道って接続が悪いね。
たとえばさっきの長万部。
特急が到着する2分前に山線小樽行きが発車しちゃうし、この列車の到着1分前に札幌行きが発車しています。
この辺ってもうちょっと何とかならないんでしょうか。
21:18
千歳行きに乗ります。
731系3両編成。
731系
本当は20:56発にも十分乗れたのですが、これも731系だったため敬遠。
だって北海道まで来て、大きな荷物引っ張りながらロングシートには乗りたくなかったんですが、どうやら普通列車は731系ばかりのようです。
と思ったら次の列車は711系だった。
でもこの731系、音は静かです。
22:04
札幌着。
今日の宿となるオホーツクの指定をとって時間まで腹ごしらえ
posted by 白線ながし at 07:47| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック