鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年01月19日

Little DJ(3回目)

 

全部入力し終わったところで、ハードリカバリーが必要になり、全部消えてしまいました。

というわけでうち直し()

 

この映画って主役だから当たり前といえば当たり前なんですが、福田さんと神木君に目がいきがちですが、脇を固める俳優さんたちにも注目するものがあります。

まず神木君演じる高野太郎の父親には石黒賢さん。

テレビ、ドラマにいろいろ活躍してますが、このような父親役というのは私の記憶では初めてじゃないかと思います。

今まではできるサラリーマンの役が多かったので、違った石黒さんが見られると思います。

石黒さんの奥さんで、太郎の、泣き虫な母親ひろ子役には西田尚美さん。

太郎の最後の放送で、‘美人で自慢のお母さん’というのがぴったりあっていたと思います。

彼女の妹で、太郎が入院する高崎病院の看護婦かなえに村川絵梨さん。

彼女も『ロード88』という映画で白血病に冒される女子高生を演じています。

本業は歌手ですが、彼女の歌を聞いたことはないです。

最近は映画女優としての活躍の方が目立っているようです。

彼女が勤める病院の先生で、太郎の主治医通称若先生役の高崎太郎を演じているのは佐藤重幸さん。

大泉洋、森崎博之が所属するTEAM-NACSの一員で、北海道では結構有名らしいです。

大泉、森崎の二人はこの映画の製作会社である@ムービーが以前つくった映画『シムソンズ』に出演しいることもあり、おそらくその関係で佐藤さんにもお声がかかったんだと思います。

ちなみにこの映画にはサイドストーリーがありまして、サイドストーリーでは若先生とかなえさんがある意味中心になります。

気になる方はフォトブックをご覧ください。

それと個人的にすごく気になったのが、かなえの同僚中嶋洋子を演じた池田香織さん。

ちょくちょくとドラマなどに出ているようですが、これからが楽しみな女優さんです。

posted by 白線ながし at 04:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック