鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年12月25日

LITTLE DJ

今年の邦画では間違いなくNO.1になるであろうこの映画。
最後は目を開けていることができませんでした。
おそらくあんなに泣いたのは「チルソクの夏」「シムソンズ」に次いで3つめだと思います。
そういえばこの映画も「シムソンズ」もアットムービー制作だっけ?
ここはいい映画を作るね。
ストーリーは白血病にかかった男の子が同じ病院に入院していた1つ年上の女の子に恋をする話。
そう、最近よくある難病ものです。
公開後、ネットでは「愛さけ」の2番煎じと評している人が多かったですが、ここは、1度だまされたと思ってみてください。
「愛さけ」とは似て非なるものです。
特に海乃たまき役を演じた福田麻由子ちゃんの演技がすばらしかった。
彼女についてはこのブログでもたびたびふれてますが、ほんと天才ですね。
おそらく今子役の中では1番じゃないかと思います。
相手役の神木隆之介君。
二人とも初めての恋愛ものというだけに新鮮さがうまく表現されていたんじゃないかと思います。
それに監督の永田琴さん。
「恋文日和」の中の1編「イカロスの恋人たち」、「渋谷区円山町」と彼女の作品は偶然にも3つとも見ていたわけですが、見ることにいい作品になっていっている気がします。
今後どのような映画を作っていくのか気になります。
これから仕事が忙しくなりますが、この映画も何回も足を運びたいと思います。
そしてDVDとサウンドトラックも手に入れたいと思います。



 
Little DJ 小さな恋の物語@映画生活
posted by 白線ながし at 00:51| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック