鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年12月21日

スマイル〜聖夜の奇跡

やっぱり期待していくとことごとく裏切られますね。
加藤ローサちゃんが出ているし、カーリングとアイスホッケーともに表情のスポーツということで、「シムソンズ」と比べてしまうのですが、ストーリーの展開が「シムソンズ」とそっくり。
違いは最後にスマイラーズが優勝してしまうところと、病気の女の子の存在でしょうか。
実話を元にしているだけあって、話はすごくいいと思うのですが、陣内監督ちょっと遊びすぎです。
陣内監督らしいといえばそうなのですが、泣かせたいのか笑わせたいのかはっきりしませんでした。
個人的には十分に泣ける話だっただけに残念でした。
あと、子役を見るといつも思いますが、子役ってすごいね。
この映画はアイスホッケーの小学生チームが舞台の話なので、子役はいっぱいいるのですが、この年頃って女の子の方が成長が早いのも関係しているせいか、フィギアスケートの選手を目指すが、白血病に冒されなくなってしまう篠原礼奈役を演じた岡本杏理と、彼女の同級生である意味恋のライバルでもあった千夏役を演じた江口悠里さんの演技はすばらしかった気がします。
ちなみに江口さんは役名の千夏を芸名にして女優の道に進むそうです。
そういえば礼奈の相手役で、スマイラーズのエース雅也を演じた綿貫智基も立花裕太の名で俳優を目指すそうです。
ちなみに彼は小学生役を演じましたが、実際は高校生で、高校でもアイスホッケーをやっているそうです。
できればこの作品、ほかの監督でリメイクしてほしいものです。
posted by 白線ながし at 03:30| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック