鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年10月05日

包帯クラブ

なんかよく分からないタイトルの割に、評判のいいこの映画。
見るべきなのか、見ない方がいいのか最後まで悩みましたが、近所のシネコンで今週いっぱいというのを聞いて見に行きました。
結果、見てよかった。
いや、これは見るべき。
こんなにいい映画だとは思っていませんでした。
今年はいい映画が多いねぇ。
この映画で一番気になるのはやはり「包帯クラブ」とはなんなのか。
それは、「インターネットを通して記事ついた出来事を投稿し、傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行き、それをデジカメで撮り、投稿者に送る」という活動。
これすなわち、“他人の痛みを知ろう"ということで、大きな意味で"愛“を描いた映画えでゃないでしょうか。
わたしが"見るべき"といったのは、この映画は今、自分を含めた日本人が一番欠けてることはなんなのかを教えてくれていると感じたからです。
たぶん最初からこういう映画だと分かっていたらわたしは見なかったかもしれません。
でも今は見てよかったと思います。
商業映画ばかりでなく、こういう作品がもっともっと増えてくれればいいなぁと思う今日この頃です。


ラベル:包帯クラブ
posted by 白線ながし at 01:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。