鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年08月16日

最後は少しリッチに

中津川からは少しリッチな旅になります』。
名古屋までは『セントラルライナー20号に乗り込みます。
この列車で多治見以遠まで行く場合は乗車整理券310円が必要になります。
一昔前までは『乗車整理券』=『着席できる券』だったのですが、今は座席まで指定されてます。
ということは、指定席券との違いは?
安いだけ?
でもJR北海道の指定席券は300円だし。
ん〜わからん。
誰か教えて!
列車は待望の311系セントラルライナー専用編成。
このたびでムーンライトえちごを除けば初めての115系以外の列車です。
車両は新快速列車とあまり変わらない感じがしましたが、3つある扉のうち、真ん中の扉は締め切り扱いなんですね。
松本〜中津川間も通過待ちや特急列車追い抜きのときは半自動扱いにして、車内温度保全に務めてましたが、これはJR東日本にもまねしてほしいですね。
名古屋につき、ここからは『通勤ライナー関ヶ原1号』に乗ります。
特急車両を通勤客に安く提供しているやつで、この列車はキハ85系6両で運転されてます。
おそらくひだ用だと思います。
私のライナー券は9号車。
どうやら前から1,2,3,8、9,10号車の順らしいのですが、ライナー運用だからなのか、入り口に号車案内がないのですよ。
通勤ライナーなのでいつも利用している人はわかるのかもしれませんが、中には私のような旅行者やめったに通勤ライナーなんぞ利用しないという人もいるはず。
そんな人にもわかるように案内してほしいものです。
で、いざ乗り込んでみると、今度はなんと暖房が入っているではないですか!
ここまで来ると嫌がらせかっ!
と思っちゃいますが、どうやら空調設備の不具合だそうで、9号車の乗客は空席に移ってもいいとのこと。
特急列車だったらこういうときは特急料金払い戻し(半額だっけ?)になるんだけど、さすがに通勤ライナーじゃ無理だろうな!
高々数百円だし。
走りの方は気動車とは思えないくらい速いですね。
どっかの電車特急とは大違いです。
そういえば北海道のスーパー特急がこんな感じだったかな?
ちなみに行き先は列車名でわかるように関ヶ原行き。
関ヶ原〜米原〜京都間は普通列車で移動し、今夜の宿となる『ムーンライト松山』を待ちます。
1時間くらい時間があるので、食事をしようと駅の外に出ますが、さすがにこの時間だと空いてなく(首都圏だったらあいているけど)結局また立ち食いそばでした。
『ムーンライト松山』は岡山まで『ムーンライト高知』と併結されるため6両で、そこから3両ずつに分かれます。
全車指定席で松山に1両、高知に2両のグリーン車がついています。
普通車は数十年前の特急車両ですが、今日乗ったライナーより格は落ち、種別は【快速】で(通勤ライナーは快速ではないのですよ)座席も簡易リクライニングです。
おまけにライナーではないので、指定席料金は500円もします。
でも客車なので、乗り心地は抜群ですね。
特に音が静かなので夜行列車には最適です。
今は速さばかりが追及されるので、客車列車に乗るには寝台特急にでも乗らないと無理ですが、もっとこういった【人にやさしい車両】を残してほしいものです。
『ムーンライト松山』は京都を出ると新大阪まで止まらないのですが、新大阪についた記憶さえない私でした。
posted by 白線ながし at 10:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック