鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2017年05月16日

(映画)セーラー服と機関銃

またまた川越スカラ座で開催されていた角川映画祭からの投稿。
最近橋本環奈主演でリメイクされましたし、2006年にはテレビドラマ化もされましたから、知っている人は結構多いはず。
薬師丸ひろ子が演じる主人公星泉の祖父は目高組3代目組長。
だが病気のため、甥の隆にあとを継がせるという遺言を残し、死んでいったがその貴志もアメリカから帰国してすぐトラックに惹かれて死んでしまう。
そこで、娘の泉が4代目を次ぐことになったのだが、父の隆がどうやら麻薬の取引に絡んでいたらしく、そのせいでいろんな事件に巻き込まれてしまい、最後はみずから浜口物産に乗り込み、機関銃をぶっ放す。
あの名セリフはその時に出た言葉。
ちなみにそのセリフ、監督はアドリブと言っていたが、薬師丸さん自身は台本にあったと言っているようです。
この映画も81年に見ましたが、当時子供だった私はヤクザだの、麻薬だの、なんだかわからず、期待していたほど楽しめなかった記憶があるのですが、今見ていると単純明快なストーリーですね。
逆に今の時代、こんな単純明快なストーリー映画のほうが珍しいんじゃないでしょうか。
あとこの映画にはこの間お亡くなりになられた渡瀬恒彦さんが泉を補佐する目高組の若頭佐久間真役で出演されてます。
当時薬師丸さんのファーストキスの相手と言われてましたね。




posted by 白線ながし at 15:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。