鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年04月30日

あしたの私の作り方

この映画は結構不思議な映画でした。
私はタイトル通り、あしたの”私”をどのように作るのか、そこだけに注目していたんですが、前半は全然おもしろくない。
単なるいじめられる小学生と、彼女を取り巻く人間関係を描いたものかな?と思っていたんですが、いじめられる役は 成海璃子ちゃんじゃない。
これではポスターが嘘になる。
ところが後半以降全然違いました。
簡単に言うといじめられていた女の子が転校することを聞いて自分の友達のことをメールするのですが、彼女はメールの通りに動く。
そう、”私”というのは彼女のことだったんです。
その彼女の役を演じたのは、AKB48の前田敦子ちゃん。
パンフレットによると演技をするのは初めてのようですが、なかなかでしたね。
本業は歌手のようですが、女優としてもがんばってほしいものです。
AKB48の公演も見に行ってみようかな?
posted by 白線ながし at 22:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック