鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2007年02月19日

それでも僕はやってない

旅行を挟んだせいか、元日の『大奥』に続き、今年2本目の映画です。
この映画をみて真っ先に思ったことは、「容疑者の人権ってないんだなぁ」っていうこと。
本人が認めているならともかく、否認してるんでしょ。
にもかかわらずあんな非道な取り調べっていうのはないんじゃないかと思います。
最も映画の世界ですから多少は誇張されているんでしょうが、この前の鹿児島県議選のニュースをみると、こういうのもあり得るのかな?とも思っちゃいます。
あと、裁判官が途中で変わるっていうのもどうかなって思います。
私は判決にはどうしても裁判官の思想が入ってしまうんじゃないかと思います。
弁護人の方もおそらくこの裁判官が過去にどんな判決を下したかとかから作戦を立てると思うんですが、途中で裁判官が変わることにより、公平さが保たれないのではと思うんですが、どうなんでしょう。
それからこの映画は数年後から始まる裁判員制度にも一石を投げかけているのではないかと思います。


posted by 白線ながし at 15:19| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

それでもボクはやってない
Excerpt: 【周防正行】それでもボクはやってない【痴漢冤罪】 第一審 http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156952114/ ..
Weblog: 2ちゃんねる映画ブログ
Tracked: 2008-04-21 22:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。