鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2006年12月04日

好きだ、

この映画は春にシネテーク高崎にシムソンズを見に行ったときに予告編でやっていたのを覚えています。
物語は17歳のユウ(宮崎あおい)とヨウスケ(瑛太)。
あるときヨウスケはユウのお姉さんを誘うが、事故にあってしまう。
17年後、ユウ(永作博美)は音楽制作会社の事務をやっており、ヨウスケ(西島俊介)はレコード会社の営業の仕事をやったいた。
ある日、ヨウスケは道端で酔っている一人の女性を介抱した。
それがユウだった。
二人は17年の空白を埋めるかのように話をした。
そして話は姉の話に。
姉はあのときからずっと寝たままだった。
この映画は結構好き嫌いが分かれるんじゃないかと思いました。
つくりがドキュメンタリータッチなんですよね。
私にはちょっと退屈でした。
posted by 白線ながし at 21:13| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック