鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2006年11月30日

自民党造反議員復党問題

昨年の夏、郵政民営化法案に反対し、自民党を離党した12人に対し、自民党は誓約書を出した平沼議員を除く11人に対しては、復党を認める方向だという。
これに対してはそれぞれにいいたいことがあります。
まず自民党。
結局去年の夏の総選挙はなんだったの?っていう感じです。
復党を認めたら次の総選挙で、いわゆる"刺客."を送った選挙区ではどちらを公認するんでしょう。
なんか造反組を公認しそうな気がするんですが。
次に造反組。
今回の復党に関して、あなた方はどうして離党したんですか。
どうしても信念を曲げることができなかったからだと思うんですが、ここに来て信念を曲げるんですか。
しかも11人のうち4人に関しては、郵政法案に反対していないとまでいっています。
ではなぜ反対票を投じたのでしょう。
いい加減にやっているのではないかと疑いたくなります。
最後に平沼議員。
なんか一番まともに見えますが、なぜあなたは復党願いを出したのですか。
あんなに渋っていたのに。
小泉さんが頑張って変えてきた自民党が元の戻っていく気がします。
posted by 白線ながし at 00:24| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック