鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2012年05月15日

(映画)テルマエ ロマエ

古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)が現代にタイムスリップし、現代の浴場技術を古代ローマ帝国に持ち帰って成功するという、入浴スペクタクルムービー。監督は「のだめ・カンタービレ」の武内英樹。

「のだめ〜」の前編後編に続いて本作が3作目になる。

評判が良かったのと、“浴場”に目をつけた面白さから期待して見に行ったのだが、いささか期待はずれ。

まずタイムスリップものといえば、どのようにしてタイムスリップするかというのが気になるところ。

ルシウスの場合は溺れることでタイムスリップするのだが、その辺があっさりしすぎている気がする。

しかも想いのままにタイムスリップしているかのように描かれているのです。

ここは1回にして現代での出来事をもうちょっと深く描いて欲しかったなぁ。

しかも溺れ方がちょっと………。

あともう1つは戻り方。

ここは最後の最後に真実(上戸彩)が涙を流し、体が消えかかることでルシウスも気づくのだが、これは良かったんじゃないかな?

現代の話には特にストーリー性はないのだが、古代ローマ時代の中に出てくるハドリアヌス皇帝(市村正親)、ケイオニウス(北村一輝)、アントニヌス(宍戸開)は実在した人物のようです。

ただストーリーは、多分フィクションでしょう。

個人的にはもう少し、古代ローマ時代と現代日本のお風呂の文化が学べるような展開にできなかったのかなぁと思います。パンフレットにはその辺は詳しく書いてあるのですが、やっぱり映像で見るのと読むのとでは違うし。

これではただ笑いを追求しただけのような作品です。

確かに、部分的には笑えるところは多々あるんですが、それで終わってしまっているんですよね。

ドラマ出身の監督だけあって、ドラマで十分だったかな?といった印象です。

posted by 白線ながし at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック