鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2006年09月11日

僕の、世界の中心は、君だ。

1年で一番忙しい時期を乗り切り、ずっと気になっていた映画「僕の、世界の中心は、君だ。」を見てきました。
7月から「ポセイドン」「日本沈没」「グエムル」などどちらかというとパニック系の映画ばかり見てきたので、そろそろ泣きたいと思ってみたのがこの「僕の、世界の中心は、君だ。」なんですが、この映画はたぶん皆さんがご存じの通り、韓国版「世界の中心で、愛をさけぶ」として作られたものです。

つくりは、現代の朔や亜紀にあたる人物が出てこない、つまり過去の二人を中心にストーリーが展開していくので、非常にすっきりしています。
わたしはこの点では韓国版の方が気に入っているのですが、何せストーリーが全部分かっているので、あと1歩何かが足りなかった気がするんですね。
それと主演のチャ・テヒョンは30才、ソン・ヘギョは24才。
評判を聞くと、年は気にならないとよく聞きますが、わたしは無理があったように思います。
それにソン・ヘギョの髪の毛が最後まで抜けなかったこと。
別に長沢さんや綾瀬さんのように切れとはいいませんが、カツラをつけるなり、帽子をかぶるなり何か方法があったんじゃないかと思います。
それとも骨髄ガンだと髪は抜けないの?
なんか消化不良の映画でした。

僕の、世界の中心は、君だ。@映画生活
posted by 白線ながし at 03:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソン・ヘギョ
Excerpt: ソン・ヘギョは早口でおしゃべりなことから「きつつき」と呼ばれる人気女優です。
Weblog: 韓流スター情報倶楽部
Tracked: 2006-10-06 13:17