鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2004年11月22日

チルソク&雨鱒の川


今日は久しぶりに「チルソクの夏」を見た。
雨が結構降っていたわりにはお客さんは入っていたようで、DVD発売後にもかかわらず、10人以上はいたような気がします。
今日の会場であるMOVIX橋本は今年の9月にオープンした新しい映画館で設備も現代風で、ちょうど6月にわが町坂戸にオープンしたシネプレックスに似てました。
背もたれも頭の上まであり、非常にゆったりしていてなおかつ背もたれが邪魔にならないように傾斜が急なので、上の方で見るとみるとちょうどいいようです。
ただ難点なのが全席指定であること。
混んでいるのであればいいのでしょうが、すいてる時は自由席にしてほしいです。
というのも1つおいて親子3人がすわっていたのですが、ポップコーンを食べる時に出る音はうるさいし、おしゃべりはするしで、前半は全く映画に集中できませんでした。
しかもたちが悪いのは、母親の方が迷惑だということ。
ほんと最近の親は……です。
 昼食を食べ、渋谷に移動。
「雨鱒の川」を見るためです。橋本〜渋谷って1時間で移動できちゃうんですね。
「雨鱒の川」の上映館はここも最近オープンした「アミューズCQN」といって、ピカソ347のビル7階と8階にあります。
同じ渋谷にある渋谷パレスも6・7階とほぼ同じでしたが、こちらはエレベーターがあったので楽でしたが、CQNの方はエスカレーターのみなので、ちょっと大変です。
ストーリーはこちらを見ていただくとして、個人的な感想をば述べると、この映画のテーマは「声が聞こえなくても心は通じ合う」ということだと思うのですが、主人公小百合は生まれつき耳が聞こえないという設定なので、どうしても幼少のころの話は必要になってくると思うのです。
ただちょっと長すぎた気がします。
特筆すべきはやっぱり成人してからの小百合を演じた綾瀬はるかさんでしょうか。
実はこの映画を見たいと思ったのも、ドラマ盤セカチュー(私はどちらかというと「愛さけ」と呼ぶ方がすき)を見て、いい演技をするなぁと思ったからなんですが、この映画でも生まれつき耳が聞こえないという難しい役どころにもかかわらず素晴らしかったです。
この女優さんも眼力がある女優さんですね。
私は、こういうタイプに弱いのかも知れません。
posted by 白線ながし at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもはじめまして、アレクセイといいます。公式の『チルソクの夏』の掲示板から来ました^^

ところで綾瀬はるかさんですが、いい女優さんですよねぇ。
彼女の出演作は結構見る機会が多く、『雨鱒の川』も観ましたが、演技が自然ですし感情表現が上手いなぁ、と思ってます^^
水谷妃里さんとともに今後がとても楽しみな女優さんです^^
Posted by アレクセイ at 2004年12月06日 03:28
コメントありがとうございます。
seesaaに変わってから初コメントです。
某掲示板ではお世話になってます。

私は綾瀬さんの作品というとドラマ版愛さけとこの雨鱒の川しか見てないのですが、本当に地でやってるんじゃないかと思うくらい自然に演技する女優さんですよね。
チルソク4人娘の中では、泉谷さんが一番綾瀬さんに近い女優さんだと思います。
Posted by 白線流し at 2004年12月07日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック