鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2010年09月26日

〔演劇〕永遠の一秒

佐々部組でおなじみの伊ア充則くんと塩谷瞬さんが出ているということで、劇団巌流の皆さんと観に行ってきました。座長は塩谷くんで、舞台は1945年の宮崎県の海軍赤江基地。
特攻隊員である3人〔塩谷、伊ア、住吉正樹〕がケガのため出撃できなくなった原口〔相楽晴仁〕に遺書を託し、爆撃機銀河に乗り込む。
が、彼らが降り立ったのは65年が過ぎた現代。
そこで病床につく原口(千波丈太郎)に出会う。
演劇は年に2,3本しか見ませんが、これはおもしろかった。
なんか演劇って、映画と違いストーリーがわかりにくいのが多いんですよね。
その割に高い。
ところがこれは非常に分かりやすい内容でした。
住吉さんはレイザーラモンといった方が分かりやすいでしょう。
ブラザートムさんも出ていて、いろいろ笑わせてくれます。
たぶん今頃は千秋楽の最中です。
おそらく盛り上がってることでしょう。
観劇後、ある方の計らいで、楽屋にお邪魔させてもらい、仲間と飲んでいると、出演者の皆様がいらしてくれました。
いろんなお話が聞けて楽しかったです。

ラベル:永遠の一秒
posted by 白線ながし at 18:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック