鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2010年05月23日

(演劇)ドガドガ+第7回公演「贋作 伊豆の踊子2010」



確か2年くらい前、ある方から映画監督の望月六郎氏を紹介され、彼はいま映画より舞台の方に力を入れているということで、彼が立ち上げた劇団「ドガドガ+」を観たのがきっかけでまさかここまではまるとは思っていませんでした。
今回の演目は第3回公演の再演。
この頃私はまだこの劇団のことを知りませんでしたが、どうやら解散の危機の直面していたようです。
それを乗り越えての今回の公演。
たぶん私は4回目の観賞になるんですが、観るたびにこの劇団は成長していくのが分かります。
望月氏を紹介されたときに知り合ったKumicoさん、初めて観た公演の打ち上げで知り合ったプロレスラーでもある都さん、前々回の公演ですばらしいダンスを見せてくれた未央さん、そして前回初めてドガドガの舞台を踏み、今回晴れて正式にドガドガのメンバーとなり主演を務めた中田さん。
観るたびに次回が楽しみな踊り子さんが現れてきます。
そして今回はダンサーとしての参加でしたが、大塚さんが今後楽しみだなあと思いました。
内容的にも今回はおもしろかった。
川端康成の小説をモチーフにして現代風にアレンジしてるんですが、都さんが初めてプロレスで優勝したときにチャンピオンベルトが出てきたりと小ネタを挟みながら話が進んでいくので、すごく楽しかったです。
すでに次回公演も決まっており、9月27日から「不思議の国でアリんス」を上演するそうです。
できるだけ時間を取って見に行けるようにしたいと思います。
posted by 白線ながし at 17:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック