鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年12月25日

第33回日本アカデミー賞優秀賞発表

今年の日本アカデミー賞優秀賞が発表されました。

優秀作品賞5作品のうち、今年は珍しく4作品も見てます。
この5作品の中では「ディア・ドクター」ですけど、個人的には、「プライド」かな?
次点はいっぱいあるんですが、今年の映画はよくもなく悪くもなくという、いわゆる大衆受けする作品が多かったと思います。

優秀監督賞、いつも思いますが、優秀監督賞をとった監督ですね。
個人的には「愛のむきだし」をとった園子温監督かな?
でも最新作は見てません。

優秀主演男優賞は二つの作品でノミネートされている浅野さんが有力でしょうけど、今年は男優さんが活躍した年ではないでしょうか。
毎年男優賞は悩むんですが、今年はどんどん思い浮かびますね。そんな中で一人あげるとすれば、「ハゲタカ」「笑う警官」の大森南朋さんかな?

優秀主演女優賞は男優賞とは逆の意味で悩みます。
男優賞は作品賞がらみの人が多いですが、女優賞は広末さんとまつさんだけですね。
韓国の女優さんで初めてノミネートされたペ・デュナがどこまで食い込むか見物です。
私の主演女優賞は………満島さんしかいないでしょう!

助演男優賞は若手からベテランまで選ばれてますね。
個人的には香川さんか堺さんにとって欲しいけど。

助演女優賞は、ゼロの焦点から主演の広末さんをのぞいたお二人がノミネートされてます。
これはいちばん悩むのではないでしょうか。
誰がとってもおかしくないですからね。
私は「ディア・ドクター」の余貴美子さんにあげたいです。
(八千草さんもよかったなぁ)

新人俳優賞は最優秀がないので、これで決定です。
岡田君は今年が大賞なんですね。
「天然コケッコー」の印象が強いので、去年かなと思っていたんですが。
個人的には、「誰も守ってくれない」の志田さんでしょうか。
posted by 白線ながし at 05:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック