鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年12月23日

〔映画〕2012

めったに洋画を見ない私ですが、これは予告編を見て、見たくなってしまいました。
ローランド・エメリッヒが「インディペンデンスデイ」「デイ・アフター・トゥモロー」に続いて、古代マヤ歴が2012年12月21日で

週末を迎えるという説を題材にした作品。
2009年に、大きな太陽フレアの影響で、地球内部の温度が急激に上昇し、2012年12月21日に地球は滅亡する。
それにむけてアメリカ政府は、避難船を造り、一〇億ユーロ払える人だけが乗り込むことができるという取り決めをする。
おわかりだと思いますが、設定からしてもう滅茶苦茶です。
地球が終わるのに船で避難してどうするの?
その船は宇宙戦艦ヤマトなの?
といいたくなります。
しかもその船はメードインチャイナ。
チベットの山奥で製作され、最後に4隻で脱出するのですが、いったいどこに向かっているんだろう?
などという風にストーリーを気にしていたら、この映画はさっぱり楽しめません。
ストーリーは抜きにして、この映画は映像を楽しみましょう。
地球内部の温度上昇から大地震が起き、大噴火、大津波をもたらし、ほぼ1日にして地球上の大陸は水没してしまう。
ただ最後は、家族愛、家族の絆というものにちょこっとだけ触れています。
もしかしたら、監督はこれをいいたかったのでしょうか。

posted by 白線ながし at 18:11| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック