鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年11月24日

〔映画〕周南映画祭2日目

今日は松田優作day
まず、午前中「家族ゲーム」を見た。 昨日の洋画に比べれば、有名な映画なので、ご存じの方も多いはず。 
午後からは彼の没後20年を記念して、今年の1月3日にテレビ東京で放映された「松田優作は生きている」を、映画祭用に再編集したものを全国で初めてスクリーン上映ということで、見てみました。 
松田優作と関わりがあった方々が彼についていろいろ語っています。 
もちろん國村さんも。 
たぶん私のマイミクさんの中の一人はこれにすごい反応するんじゃないかと思います。
そのあと引き続いて松田優作のプライベート写真を唯一とっていた渡邊俊夫さんのトークショーがありました。
司会をしたのは、もとチャン
BSジャパンで放送されたこの番組に感銘し、何とか渡邊さんと連絡を取ろうとして実現したこの企画。
彼女の思いがすごく伝わってきました。
続いて彼の主演作「最も危険な遊戯」を観賞。 
私は松田優作の作品は、薬師丸さんと共演した「探偵物語」しか見たことないし、しかもその映画の中の優作さんは私の中ですごくいやなやつだったし、私が映画に興味を持ち始めたとほぼ同時に彼はなくなっているので、はっきり言って彼のことはほとんど何も知りません。 
今日1日彼に接してみて、ほんの少しだけ分かった気がします。

ラベル:周南映画祭
posted by 白線ながし at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック