鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年06月21日

ハゲタカ

前から気になっていた映画でしたが、なかなか時間が合わず見ることがでできませんでした。この映画、テレビドラマの映画化だったんですね。
しかも、元はNHKのドラマだったらしいです。
とうとう天下のNHKもやり始めましたか。
私はドラマ版は当然見てないんですが、どうなんでしょうか?
今現在実際に起こっている社会現象を映画にした感じなんですが、なんか今一ちょっとわかりにくいんですよね。
はっきり言って”TOBってなんですか”というレベルの人間ですから、何がどうなってこうなってああなるのかがっぱりわからない。
そういう人間にとっては、大森南朗演じる鷲津政彦と玉山鉄二演じる劉一華のマネーゲームをもっと深く描いた方がおもしろかったんじゃないかと思います。
あと主人公が誰かわかりにくかった。
劉は最後に死んじゃったので、鷲津かなとも思ったんですが、前半なかなか出てこなかったし。
と思って、ネットをいろいろ見ていたら、テレビ版だと柴田恭兵がキーパーソンだったようですね。
確かにアカマ自動車立て直しを任されたから、ただ者ではないと思っていましたが。
それに栗山千明も松田龍平もちょっと中途半端。
どうやら“はじめにドラマありき”で作られた映画のようです。
期待していただけにちょっと残念な作品でした。


posted by 白線ながし at 19:42| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画は、テレビドラマの続編ですね。
ドラマ版を観ていないとちょっと苦しいかな。
人間関係とか経済用語とか。
Posted by ぽんぽこ at 2009年06月22日 19:36
まさにおっしゃるとおりです。
こういうのって映画としてどうなの?って思っちゃうんですが。
Posted by 白線流し at 2009年06月23日 00:24
テレビドラマ版見ていないです。
確か2度放送されたような。

そうか、苦しいか。
Posted by イルカのおかげ at 2009年06月23日 12:48
中には(テレビを見ていなくても)面白かったという人もいますけどね。
私はだめでした。
Posted by 白線流し at 2009年06月23日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。