鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年03月28日

韓国では問題になっているようです。

3月25日の記事で、韓国はイチローを敬遠しないですごいと書きましたが、韓国では結構問題になっているようです。
日本では解説者が言っていたとおり、あの場面では敬遠がセオリーでしょう。
どうやらそれは韓国でも同じだったようです。
コーチの話だとベンチのサインは敬遠だったようですが、監督はキャッチャーを立たせなかった自分のせいと言ってるようです。
当のピッチャー、林昌勇投手はなんと言ってるかというと『誘い球が失投になった。勝負してみたい気持ちもあった』と言ってるようです。
林投手は普段は日本で活躍している投手。
イチローのすごさも耳にする機会は多いはず。
とすれば勝負してみたくもなるでしょう。
どうか林投手の気持ちも分かってあげてほしいなぁ。
posted by 白線ながし at 22:47| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック