鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年02月03日

丘の上から

はっきりいって地味な映画です。
高校3年生の平川亜由美(さな)はキャバクラでバイトが学校にばれて一緒にバイトしていた鈴木智子(吉野ももみ)をかばい、

罰として机上の旅行クラブに入部させられることになった。
そこは文字通り、実際には行くことのない旅行の計画をするところ。
そんなクラブに最初は乗り気のしなかった亜由美だが、あるとき実際に旅行してみようと言うことになり、同じクラスの内田美穂
(大網亜矢乃)の案が採用されることになった。
内田は当初孤独で、ネットで知り合った男子とつきあっていたが、これをきっかけに亜由美との距離が徐々に近づいていった。
夏休みに入り、旅行当日の朝になったが、内田は集合場所には来なかった。
亜由美たちが心配して探し回っているときに、テレビのニュースでは、廃工場で集団自殺のニュースが流れる。

……

最初はあまり期待しないで見ていたものの、少しずつ引き込まれていきました。
きっかけは、机上旅行。
私は机上旅行はよくする(笑)ので、そのあたりからツボにはまり出しました。
そしていざそれが実行されるとなったときのわくわく感はたまらないもので、ツアー旅行では絶対味わうことのできないものです

そしてだんだん深まってくる女子高生の友情。
私のツボにはまる要素が詰まってる映画でした。
そして内田の自殺騒動。
ここで流れが一転するんですが、もうちょっと詳しく描いてもよかったんじゃないかと思います。
最後で内田は死んでないということがわかる(ここで、テレビのニュースの内田が関わっていたということがわかる)んですが、
ちょっとあっさりしすぎていた気がします。

亜由美役を演じたさなと智子役の吉野ももみは相方不在という芸人さんで内田役の大網亜矢乃とは同じ事務所であの野田社長率い
るサンズエンターテイメントの所属だそうです。
相方不在とはおもしろい名前ですが、はじめはそれぞれ別の相手とコンビを組んでいたようですが、解散したり、別の活動をする
ようになったりしてお互いに相方がいなくなったので、二人がコンビを組むようになってそのままコンビ名にしたようです。
でも、お笑いのコンビ名だとは誰も思わないよね?
大網さん自身はグラビアアイドルだそうですが、太田綾乃とWあやのとしてお笑いをやったり、芸能人女子フットサルチーム
「carezza」に所属していたりいろんな活動をしているようですが、映画はどうやら初出演のよう。
この夏に公開予定の「非女子図鑑」にも出演されてるそうです。

posted by 白線ながし at 19:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック