鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年02月01日

愛のむき出し

昨年のテレビドラマで満島さんを見て以来はまってしまいました。まだブログには載せていませんが、この間の「プライド」といい今回の「愛のむきだし」といい、いい演技を見せてくれます。
話は、クリスチャンの家庭に生まれた西島隆弘演じる角田ユウは小さい頃「マリア様のような人を見つけなさい」といって死んでいった母親の言葉を忘れることはなかった。
一方彼の父テツ(渡部篤郎)は、聖職者でありながらサオリ(渡辺真紀子)という女に心を奪われるが、神父は結婚することができないため、サオリはテツの元を離れていく。
そのため、性格が変わってしまったユウはテツから懺悔を求められるようになるが、ユウは父親を失いたくないために様々な“罪作り”に励む。
それがだんだんエスカレートし、やがてキリストの教えにも反する罪である“盗撮”をするようになる。
テツはユウを“ヘンタイ”と殴られるが、それこそ愛と感じたユウは盗撮の腕を上げていく。
あるとき、ユウは仲間との勝負に負け、女装して盗撮に励んでいると、一人の女子高生ヨーコ(満島ひかり)と出会う。
“サソリ”と名乗ったユウはヨーコこそが亡き母のいう“マリア”だと信じ、生まれて始めてこいというものを知る。
一方ヨーコも同様にサソリを恋をする。
やがてテツの元にサオリが戻ってくるのだが、サオリには連れ子がおり、それがなんとヨーコであった。
“サソリ”=“ユウ”と知らないヨーコはユウを毛嫌いするのだが、ユウは何とかして思いを伝えようとする。
その頃、その頃家族丸ごと洗脳し会員数を増やしていった新興宗教団体“ゼロ協会”の教祖の右腕コイケ(安藤サクラ)は、自分がサソリだと名乗り、ヨーコをきっかけに角田家に近づき、洗脳を始めていく。
ユウはヨーコを連れ戻すために自分も洗脳されたふりをしてゼロ教会の信者になり、戦いが始まる。

………………

この映画、かなり長いです。
途中休憩を挟んで4時間あります。
ただ、全然退屈させません。
この映画の監督は、園子温ですが、たぶんほかの監督だったら、ユウとヨーコが出会ってからあまり横道にそれず、ましてコイケなど登場させず、きれいなラブストーリーにして2時間前後の話にまとめていくと思うのですが、園監督はこうしたらおもしろくなるんじゃないかといろいろ脚色していったら4時間の作品になったそうです。
異常に長いため、なかなか上映劇場が見つからなかったらしい。
また、途中で10分休憩が入ります。
私は舞台では初めての体験ですが、調べてみると1982年公開の大日本帝国以来だそうです。

主演の西島隆弘に関しては聞いたことが無かったので、調べてみるとボーカルユニットAAAのメインボーカルだそうで、映画は初出演のようですが、ドラマや舞台など、お芝居の経験はあるようです。
それからなんといっても特異なキャラクターコイケを演じた安藤サクラ。
我々の間ではちょっと有名なんですが、彼女は俳優奥田英二の娘さんです。
彼女の演技はデビュー作の「風の外側」を見ていますが、その頃と比べるとうまくなっているし、ちょっと垢抜けた気がします。 
でもなんといってもこの映画は満島さんでしょう。
彼女を生で見たくて舞台挨拶の回を見に行ったのですが、髪をばっさりと切って短くなっていました。
今月から事務所が変わった(ぱれっと→ユマニテ)ようですが、心機一転というところかもしれません。
ちなみにブログでは何も触れられていません。
彼女本当に顔が小さいですね。
びっくりしました。
西島君目当ての女の子たちがたくさん来てましたが、ここユーロスペースの舞台挨拶は舞台袖からではなく、一般の客と同じ出入り口から入ってくるのですが、監督、安藤さん、西島君、満島さんの順番で入ってきたのですが、西島君が入ってきたときは、きゃ〜といういわゆる黄色い歓声が飛び交っていました。
ところが満島さんが入って来ると一瞬静になり、うぉ〜というどよめきとともにきれいという声があちこちから聞こえてきました。しばらくの間は満島さんに注目していくと思います。






愛のむきだし@映画生活



実はこの舞台挨拶。見られなくなるかも?でした。
初日に限り、席は全席ぴあでの扱いで、当日券は立ち見ということでした。
私もインターネットぴあのプレリザーブに応募したら運良く当選したんですが、発券するのを忘れていて当日の朝発券しようとしたら、画面には”時間外”の文字が。
どうしようもないのでユーロスペースに向かい、受付の人に事情を話すと、”あとで配給会社の方が見えますので、その人に話してください”とのこと。
仕方なく待っていると、あとから同じような状況の女の子二人組がやってきてその人はメールでokということになりました。(ちなみに対応した人は別の人)
私を対応した人が、私のこともその人に言ってくれて、メールを確認した上で無事は入れました。
ちょっと焦りました。
それにしてもぴあって不親切のような気がするのですが。
今時オンラインで時間制限があるなんて考えられないのですが。
あるなら当選メールに一言書いておいてくれてもいいと思いますが、私のわがままでしょうか?
posted by 白線ながし at 13:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック