鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年01月30日

実録 連合赤軍あさま山荘への道程

若松幸二監督の作品ということで気になっていた映画ではありますが、劇場公開の時は見損ねてしまいました。
たまたま下北沢のトリウッドというところで公開しているということで、この機会を逃してはと思い見に来ました。
もっともこれから全国展開していくようですが。
内容はタイトルからもわかるとおり、1960年の安保闘争から1972年2月19日、長野県軽井沢町の河合楽器の保養所「浅間山荘」で連合赤軍が起こした立てこもり事件が起こるまでを描いたもの。
この間に生まれた私は、こういう事件があったということは知っていますが、まだわからないことだらけです。
一応映画ではナレーションが入っていますが、これだけでは全然わかりません。
当時を知らない人間がこの映画を楽しむためにはかなり予習していった方がいいかもしれません。
また、結構この映画はむごいシーンが多いです。
R指定にはなっていないようですが、若松監督の作品じゃなかったら見なかったかもしれません。

posted by 白線ながし at 21:48| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公開されたときに話題になりましたよね。
リアルで惨いシーンもあると聞いて、見には行きませんでした。
やはり・・・予習が必要ですよね。。。
Posted by (V)o|o(V)←バルタン at 2009年01月31日 14:51
話題になったんですか。
知らなかった。
Posted by 白線流し at 2009年02月01日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック