鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2009年01月01日

M

新年初映画は「M」でした。この映画は昨年、ここシネマート六本木でやってた「韓流フェア」で見るつもりだったのが、カン・ドンウォンの舞台挨拶と重なり、チケットがとれなくて、見られなかった映画です。
以後あきらめかけていたんですが、「私の恋」(原題「マイラブ」)に出演していたイ・ヨニがすばらしかったので、彼女について調べていたら、これに出ているということで韓流フェア終了後もこの作品と「ハピネス」は引き続き上映しているようなので、2009年の初映画で見ることにしました。
今日は結構人は入っていましたが、カン・ドンウォンではなく、イ・ヨニを目的で見に行った人はあまりいないんじゃないでしょうか。
イ・ヨニ
この写真を見ると幼くも見えますが、二十歳だそうです。
そして、監督はイ・ミョンセ監督。
あまり監督を意識してみることはないですが、結構この監督の作品を見てるんですね。
「イルマーレ」「デュエリスト」を撮った監督だそうです。
「デュエリスト」はカン・ドンウォン主演ですし、知っていたんですが、「イルマーレ」は初耳でしたが、いわれてみれば納得です。
この監督の作品はちょっと難しいんですよ。
この作品でいえば、過去と現代が行ったり来たり、そして過去も現代も同じ人が演じているし、特に説明があるわけでもないので、よく考えながら見ないと混乱してきます。
しかもカン・ドンウォン演じるミヌは記憶をなくしているし、夢と現実の区別のつかなくなっている。
何回か混乱しかけましたが、今回は最後までついていけました。
その意味では3作品の中では一番分かりやすかったです。
イ・ヨニにはちょっと期待しましょう。

posted by 白線ながし at 17:17| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック