鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年12月16日

空へー救いの翼ー

この映画は高山さんありきの映画でしたね。彼女のお父さんが航空自衛官で、殉職なさって、その葬儀のための上京したときにスカウトされ、出演した映画が航空救難隊ヘリパの役とはなんという巡り合わせでしょう。
この映画は基本的には航空救難隊初の女性パイロットとなった高山さん扮する川島遥風の成長を描いた作品。
訓練中に操縦を誤り、高圧電線に接触させそうになった遥風が、最後には親友の勝沼碧(鈴木聖奈)の婚約者でファイターパイロット横須賀剛(金子賢)が操縦するF-15がレーダーから消え、遭難した彼を救助し、海上自衛官の護衛艦に着艦するというところまでを描いています。
ストーリーとしてはよくある話で、想像できる範囲を超えていないので、面白味には欠ける作品で悪くいえば、航空自衛隊の宣伝映画という感じでした。
もうちょっと人間的なところを描いてもよかったんじゃないかと思いますが、迫力はありましたね。
そのあたりは見てよかったと思います。

主演された高山侑子さん、映画では23歳の役ですが、撮影当初は15歳だったようですが、よく頑張ってたように見えます。
映画初出演で初主演とのことだったので、新人さんかと思ったら、ドラマにはいくつか出てるようですね。
どおりで見覚えのある人だと思いました。
これから期待できる人だと思います。
posted by 白線ながし at 20:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック