鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年11月30日

萩旅行〜出発

本当だったら1週間前に行きたかった萩。
それはかなわなかったけど、どうしてもスクリーンで「チルソクの夏」を見たい!
ということで、今回は萩コミュニティ映画祭で、佐々部監督の特集があり、当然その中で「チルソクの夏」の上映もあるので、萩まで足を伸ばすことにしました。
とはいっても萩はまだ行ったことがありません。
さて、交通手段はどうするか。
当方貧乏なのでやはり高速バスということになりましたが、意外と萩って遠くて高いのね。
片道14000円します。
今はなき下関行き「ふくふく号」が13000円、高速「博多号」が15000円ということを考えるとなんか割高な感じがします。
一般道を走る距離と関係あるのでしょうか。
とかいっても高速バスが一番安いので(乗り換えもないし)「萩エキスプレス」で萩に向かいます。
萩エクスプレス
東京駅八重洲口を19:30発で首都高、東名、名神、山陽道を経て山口県に入り、岩国、玖珂、熊毛、徳山、防府、湯田温泉、太田中央、と止まって萩バスセンターまで行きます。
この路線は走行距離では第2位(1位は高速「博多号」)、乗車時間は一般道を走る距離が長いので、東京駅八重洲口発のバスの中では1位となっています。
東京駅を出発したい点では九人の乗客がいましたが、ほとんどが防府までで降りてしまい、萩まで乗り通したのは私のほかは1名だけでした。
途中降りる人がいない停留所は通過したため、萩バスセンターには10分早く到着。
それでも定刻ではなかったからか乗務員はひたすら謝っていました。
posted by 白線ながし at 18:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック