鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年11月28日

長渕さんが新人賞受賞〜報知映画大賞

11月21日のブログで報知映画賞の予想を書きましたが、このほど発表になりました。

●作品賞邦画部門 『おくりびと』〔滝田洋二監督、配給松竹〕
主演男優賞 堤真一 『クライマーズハイ』『容疑者Xの献身』
●主演女優賞 小泉今日子 『グーグーだって猫である』『トウキョウソナタ』
助演男優賞 堺雅人 『アフタースクール』『クライマーズハイ』『ジャージの二人』
●助演女優賞 樹木希林 『歩いても歩いても』
新人賞 長渕文音 「三本木農業高校、馬術部』 
太字は私の予想とあってたものです。
珍しく3つも同じでした。
意外だったのは作品賞を取った『おくりびと』が個人賞部門では何にも絡んでないこと。
だったら『クライマーズハイ』に作品賞をあげてもよかったのではないかとも思います。
そういえば、11月21日のブログで“『容疑者Xの献身』は堤さんの映画”というようなことを書きましたが、世間的にもそのような評価なんですね。
てっきり世間的には福山さんが主演という認識なのかと思ってました。
新人賞ノミネートの件といい、結構曖昧なところもありますね。

でも、やっぱり特筆すべきは長渕文音さんの新人賞受賞でしょう。
地味な映画と自らの映画を称する佐々部監督ですが、昨年の麻生さんといい、毎年必ず何かしらの賞に絡んでくるのはすごいと思います。
これで長渕さんの今後の活躍にも拍車がかかることでしょう。


posted by 白線ながし at 00:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。