鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2008年11月23日

ラブファイト

『ミッドナイトイーグル』の成島出監督が、『バッテリー』『ダイブ!!』の林遣都と『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の北乃きいという若手二人を使って、まきのえり原作を映画化したもの。
当初私はタイトルから韓国映画の『猟期的な彼女』や今度公開される『最強彼女』のようなお話かと思っていたのですが、ちょっと違っていたようです。
小さいときから弱虫で、幼い馴染みの西村亜紀(北乃きい)に守ってもらってるヘタレ男子稔(林遣都)は“亜紀よりも、強(つよ)うなって、自分のことは自分で守れる男になるんや!”ということで、実は元日本チャンピオン大木〔大沢たかお〕が経営するボクシングジムに入会する。
そこに稔の中学時代の同級生奥田恭子〔藤村聖子〕が現れる。
彼女は中学時代に東京に転校〔この映画の舞台は大阪〕したのだが、稔に近づきたいが為に大阪に戻ってきた。
ボクシングをやっていることを隠していた稔だが、恭子がふとしたことから亜紀にばれてしまい、亜紀もボクシングを始めることに………。
ここで私は亜紀と稔が争う三角関係の様子を描いていくのかなと思いましたが、大木と彼も元彼女順子〔桜井幸子〕の話が絡んできたりとちょっと複雑になってきました。
これがなければもうちょっと面白くなったんじゃないかと思うだけに残念でした。
ちなみに奥田恭子役の藤村聖子さん、どこかで見たことあるな〜と思ったら、これに出てました。
posted by 白線ながし at 04:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック