鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2015年09月22日

(映画)赤い玉、

高橋伴明監督、奥田瑛二主演の映画。
彼は大学で映画製作の講義をする映画監督時田修次の役。
時間を見つけては脚本を書いているのだが、その脚本の主人公島田も奥田が演じている。
その脚本の中の世界と現実の世界がわかりにくい。
そして時田を取り巻くV人の女性がこの映画では重要の役割を担う
先ず時田の愛人でもあり、大学の職場仲間でもある大場唯を演じる不二子。
いきなり二人の辛味から始まるので、ちょっとびっくりするが時田のよき理解者でもある。
二人目は時田のゼミ生加藤愛子役の土居志央梨。
おそらくゼミ生の中では一番映画をわかっていて、意識が高い女の子。
で、V人目は時田が街で偶然出会う北小路律子を演じるのが村上由規乃。
土居も村上も京都造形大学の学生で、在学中にこの映画のオーディションを受け、特に村上はそれからいくつかの作品に出演している。
この辺は映画の中でも同じ設定。
名前こそ違うがこの映画のスタッフは出演者は京都造形大学映像学科の学生。
なんか高橋監督は現実を作品にしてしまったような感じです。


posted by 白線ながし at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。