鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2013年08月14日

(映画)少年H

「少年H」北野武監督の作品にあった気がしますが、調べてみたらありませんでした。

何と勘違いしていたんだろう?

ということで、見てきましたよ、「少年H」
実際の夫婦である水谷豊と伊藤蘭が妹尾盛夫と妹尾敏子という夫婦役を演じることで話題になった作品でもあります。
降旗康男監督だったんですね。
降旗監督の作品は、調べてみたら1990年公開の「タスマニア物語」以来のようです。
ま、佐々部監督が指示していた監督さんなので、よくお話は聞いていましたが。
舞台は神戸で、昭和16年から20年、つまり戦時中を生きた妹尾家の物語。
父盛夫は外国人相手に洋服の仕立ての仕事をしている。
後にそのことが原因で、軍からスパイ容疑がかけられる。

母敏子はクリスチャンで、そのことで長男肇(吉岡竜輝)は友だちからからかわれたりする。

ちなみにタイトル「少年H」の"H"とは肇の"H"

このことからもわかるようにこの映画は肇を中心に描かれている。

そして肇の2歳年下の妹好子を演じるのは、花田優里音。

肇役の吉岡竜輝もそうだが、この二人の演技がこの映画の見所といってもいいだろう。

ほかには美術セット。

私は戦後の人間なので、このような創作物からしか当時の状況を知ることはできない。
パンフレットを読む限り、一部CGは使ったものの、当時の町並みや戦火、焼け野原、闇市、戦災者住宅などはセットを建てたらしい。
そのせいかなかなか迫力があったように思います。

後は脇役陣。

この映画は上にも描いたように、伊藤蘭、水谷豊夫妻が夫婦役を演じるので話題になりましたが、うどん屋のお兄ちゃん役に小栗旬(思想犯としてすぐ逮捕されてしまう)、オトコ姉ちゃん役に早乙女太一(出兵後、自殺してしまう)などほんの数シーンなんですが、主役級の人が出ております。
ほかにも田森教官に原田泰造、久門教官に佐々木蔵之介、妹尾家のご近所さんの吉村さんに國村隼、柴田さんに岸辺一徳と、脇役陣だけでも1つの映画が作れそうです。



posted by 白線ながし at 01:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。