鑑賞記録をこちらに移動していこうと思います。 掲示板からは、いずれ削除予定

2013年01月09日

(映画)今日、恋を始めます

2013年1発目の映画はこの作品だったわけですが、新年1発目にはふさわしくなかったかなと思いました。


まず主演の二人。

武井咲演じる日比野つばきはまぁ許せるとして、松坂桃李演じる椿京汰はちょっと無理があった。

この物語は二人が高校に合格した時から始まる。

つまり十五歳。

武井さんはたしかまだ18,9歳だからまだ見えなくもないが、松坂さんは調べたところ二十四歳だそうで、どう見ても高校生には見えない。

彼だけではない。

同級生の女の子も椿を誘うというシーンがあるのだが、何にさそうかというとデートとかではなく、Hに誘うのだ。

高校1年生の女の子からHに誘うなんって現実にどれだけいるんだろうか?

もっとも高校1年生にも見えないのだが。

しかも原作に忠実なんだろうけど、中学生のうちから女を食い物にし、そのくせ東大を目指すという設定になっている。

女の子からすればありなのかもしれないけど、男から見れば惹きつけられるところは一切なし。

それにスクリーンを2分割3分割してみせる手法を多用しているんですが、テレビドラマで多用されている手法のせいか、どうも映画を見ているという感覚がない。

はっきり言ってこれだったらテレビドラマで十分なレベル。

こんな映画を撮った監督は誰かと調べてみると、古澤健監督が撮ったらしい。

幾つか映画は撮っているようだが、これといった作品はないらしい。

この作品を見る限りそれも納得できる。

今年はこれ以上の作品には出会わないことを願う。


posted by 白線ながし at 00:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。